> よくあるご質問

よくあるご質問

Q予約は必ず必要ですか?

ご予約がなくても大丈夫ですが、混んでいる場合にはお待たせをしてしまうことがあります。

いらっしゃる前にお電話いただければ、すいているお時間帯のご案内が可能です。

Q風邪でもかかれますか?

内科ですので、どのようなご相談でも承ります。お風邪でも花粉症でもご受診ください。

Qバリアフリー対応をしていますか?

当院は、バリアフリーとなっています。車いす用トイレも完備していますので、安心してご受診ください。

Q外国語の対応はできますか?

英語での対応が可能です。問診票も英語で承れます。

Q駐車場はありますか?

申し訳ありません。駐車場は完備しておりません。

近くのコインパークのご案内となります。

Q駐輪場はありますか?

はい。駐輪場はご利用いただけます。

受付で場所をお伝えいたしますのでお問い合わせください。

Q健康診断は受けられますか?

はい。お受けいただけます。江東区の健康診査も受け付けております。

区民健診は6月21日~翌2月20日になります。

なお、会社等の健康診断の場合、内容によってはお受けいただけないものもありますので、事前にお問い合わせください。

Q小児の診察は可能ですか?

はい。循環器・糖尿病の小児の診察および、風邪やワクチン、胃腸炎などを承っております。

新生児の診察は行っておりませんので、小児科にお問い合わせください。

Qセカンドオピニオンは受け付けていますか?

通常通りご受診いただいて、ご相談が可能です。

現在の治療に不安があったり、分からなかったりする場合は遠慮なくご相談ください。

Q妊娠中の血糖や血圧について相談できますか?

御相談いただけます。

特に妊娠糖尿病、妊娠高血圧の治療は、通常の内服治療が行えませんので、お食事運動などの治療についてもお話をさせていただけます。

Qお薬だけの処方はできますか?

厚生労働省より、無診療治療が禁止されております。

診察を受けていただいての治療となります。

Q糖尿病が心配なのですが、症状がなくても診察を受けられますか?

はい。

糖尿病は、特に症状がなく進行する病気です。

健康診断で血糖が高めといわれた、家族歴に糖尿病がある、最近疲れやすい、だるいなど、気になることがあればいつでもご相談ください。

Q高血圧や糖尿病は一度薬を飲み始めるとやめられないというのは本当ですか?

高血圧や糖尿病は、風邪などとは違って、根治をするものではありません。

しかしながら、食生活が変わったり、運動をするようになったり、あるいは体重を減らしたりという、お食事・運動療法でお薬が必要なくなることも良くみられます。

また、血圧や糖尿のお薬に、習慣性があるわけではありませんので、飲まずにいられなくなったりすることはありません。

Qお薬の副作用が心配です。

お薬には、そもそもの目的とする作用(主作用)と、それ以外の作用(副作用)があります。

副作用というと悪いものという印象がありますが、目的とする作用以外の作用を副作用と言いますので悪い物ばかりではありません。

たとえば、一部の降圧薬に心臓の働きを良くする副作用があることも良く知られています。

患者さんお一人お一人で、何を目的にするかが異なることもありますので、良くご相談しながら、また採血等で、悪い副作用がないかを確認しながら投薬を行います。

Qできればお薬を飲みたくないのですが。

高血圧、高コレステロール、糖尿病などのご病気は、まずはお食事・運動療法が基本になります。

しかし、お食事や運動ではなかなか正常範囲に入らない場合、お薬を飲んでいただいても、正常化することで、

心筋梗塞や脳梗塞などの重大な病気を防げることが分かっています。

ご病状に合わせて、様々な治療形態がありますので、まずはご相談ください。

電話でのご予約お問い合わせは・・・

03-3636-3637 インターネットでも予約が可能です

当院では、患者様のお待ち時間を少しでも少なくするため、予約システムを導入しております。

ご予約なしでも診療させていただきますがお待たせしてしまう場合がございます。

当日のご予約を承っておりますので、お電話、web等からのご予約をお願い申し上げます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

このような症状があったら、
すぐにご相談ください

  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 息切れ
  • 足のむくみ
  • 食欲がない
  • 急に太った
  • 急に痩せた
  • 元気が出ない
  • のどが渇く
  • 血圧が高い
  • 手足のしびれ

ページ先頭へ戻る