動悸

胸がどきどきする、脈が乱れるというような症状がある場合は、不整脈かもしれません。

不整脈の中には、生命に危険のない不整脈と、非常に危険な不整脈・危険な不整脈に移行しやすい不整脈とがあります。

これらを調べる検査としては、心電図の検査が一般的ですが、心電図は数秒間の心拍を検査するのみですので、その瞬間に不整脈が見られないと診断できないこともあります。

そのような場合にはホルター心電図と言って24時間心電図をつけていただく検査を受けます。

この検査は、自宅で行える検査です。ベルトのようなものをつけていただいて、普通に生活をしていただき、その間の心拍を記録する検査です。

 

ドキドキするという症状で来られる患者さんに一番多くみられる不整脈は、期外収縮とよばれる、心臓がしゃっくりをするような不整脈です。

期外収縮はどなたでも少しは出る不整脈ですが、この不整脈がたくさん検出される場合には、ドキドキするという自覚症状を訴えられることがあります。

その場合でも心臓のエコーの検査で、心臓自体に異常が認められないような場合には、一般的にはあまり心配のいらない不整脈と言われています。

そのほか、心房細動も動悸症状に多く見られる不整脈です。

心房細動は一般的には心配のない不整脈と考えられますが、心不全の原因となる場合もありますので、きちんとした経過観察が必要です。

また、心房細動は心臓の中に血栓と呼ばれる血の塊ができやすく、脳梗塞の原因となりますので、血液をサラサラにするお薬の内服治療が必要です。

 

このように、ドキドキするという症状の原因はいろいろあります。おかしいな、と思ったら一度受診して、きちんと検査を受けましょう。

 

電話でのご予約お問い合わせは・・・

03-3636-3637 インターネットでも予約が可能です

このような症状があったら、
すぐにご相談ください

  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 息切れ
  • 足のむくみ
  • 食欲がない
  • 急に太った
  • 急に痩せた
  • 元気が出ない
  • のどが渇く
  • 血圧が高い
  • 手足のしびれ

ページ先頭へ戻る