> 院長紹介

院長紹介

院長ごあいさつ

 

医師・医学博士 松本 佐保姫

皆さまこんにちは。
まつもとメディカルクリニック院長の
松本 佐保姫(まつもと さほひめ)です。

東京大学医学部附属病院・三井記念病院で内科医・循環器内科専門医として臨床に携わってきた多くの経験を生かし、今後は地域に根差した「かかりつけ医」として、患者様お一人お一人の健康で充実した人生のために、医療という側面よりお手伝いさせていただきます。
当院では「ともに生きる医療」「顔の見える医療連携」「信頼しあう医療」この3つの理念を柱に、一般内科・循環器内科・糖尿病内科・生活習慣病を中心に診療を行います。
皆さまに長く愛されるクリニックを目指し、スタッフ一同努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

~院長略歴~

 

1999年 東京大学医学部卒

1999年~東京大学医学部附属病院勤務

2000年~三井記念病院勤務

2002年~東京大学医学部附属病院勤務

2002年~東京大学大学院医学系研究科・博士課程

2006年~学術振興会特別研究員

2009年~東京大学医学部附属病院 特任助教

2016年5月~まつもとメディカルクリニック 開設

 

【資格・所属学会】

内科認定医

循環器内科専門医

日本内科学会 正会員

日本循環器学会 正会員

日本糖尿病学会 正会員

肥満学会 正会員

日本禁煙学会 正会員

 

~診療理念~


「ともに生きる医療」

logo_whit
患者さんそれぞれのライフスタイルや、悩みをともに考え、ともに治療に取り組んでいきます。お薬を処方して、生活習慣に気を付けましょうと言われても、患者さんは何をどうすればよいのか困惑してしまいます。心臓病の患者さんに、どうやって毎日塩分や水分を減らしていけばよいか。外食が多い糖尿病の患者さんに、どういう工夫で食事療法を実現するか。お仕事が忙しくてお昼にお薬の飲めない患者さんに、どういう処方をすればお薬が飲みやすいかを一緒に相談する。こういった、一見地味な活動が、心不全、心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気への移行を抑えるのです。私達は、この考えに従って、患者さんとともにまず病気の大変さを共有し、頑張りを応援し、地道な努力を惜しまずに、ともに歩む医療を目指します。

 

「顔の見える医療連携」

logo_whit

大学病院での長い勤務経験の中で、様々な患者さんと接してきました。重い病気で入院され、外来で経過観察をしている患者さんや、慢性疾患から改善された患者さんの中には、遠方より通院されていた方も数多くいました。理由の1つはもし万が一、また病気になってしまったらという不安からです。そして、もう1つが、近くの専門のクリニックが分からないということです。私達は、この2つの患者さんの質問にきちんと答えていきます。連携先病院の先生方と顔の見える医療連携を実現し、患者さん一人一人についてともに相談し、外来の様子や診療技術を信頼していただいた中で、安心と信頼をもってお任せいただける専門クリニックを目指します。

 

「信頼しあう医療」

logo_whit

違う環境、違う考えの人が集まって1つのことを成し遂げようとするときに、一番大切なことは相手を尊敬し信頼することだと思います。スタッフ同士がお互いを尊敬し信頼すること、私達が患者さんを人として尊敬し信頼すること。この基盤に基づいて、患者さんに信頼していただける、確かな専門性と親身の医療を目指します。

 

 

【連携先病院】

東京大学医学部附属病院
社会医療法人社団順江会 江東病院
社会福祉法人 三井記念病院
東京ベイ・浦安市川医療センター
虎の門病院
自治医科大学付属埼玉医療センター

紹介状は、上記以外のどちらの医療機関にもお書きできますのでご安心ください。

電話でのご予約お問い合わせは・・・

03-3636-3637 インターネットでも予約が可能です

このような症状があったら、
すぐにご相談ください

  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 息切れ
  • 足のむくみ
  • 食欲がない
  • 急に太った
  • 急に痩せた
  • 元気が出ない
  • のどが渇く
  • 血圧が高い
  • 手足のしびれ

ページ先頭へ戻る